バスケユニフォームのオーダーならVAYoreLA

  • VAYoreLA
  • BLOG
  • 素材から知るバスケウェアの速乾性

素材から知るバスケウェアの速乾性

 バスケットをしていると、必ず気になる速乾性。速乾性のある素材と表記されていても意外にベタつきが気になったり、汗をすぐに吸い込むことでウェアが重くなってしまったりしますよね。今回は、「ポリエステル」「コットン」「サテン」の3点の素材に着目し、どの素材が速乾性に優れているのかをご紹介いたします。


スポーツウェアでは王道のポリエステル

ポリエステルと聞けば、やはり速乾性に優れていると感じますよね。また、ウェアを洗濯してもシワが付きにくく、ノンアイロンで毎回出来るので非常に便利な素材です。また、注意事項を守って洗濯等の取り扱いをしていれば、大きな縮みが起こりにくく、安定した着心地が得られます。実際に着用していても、重く感じすぎることなく、汗をかいてもベタつきにくい素材なので、着替えも多く必要とされるスポーツウェアで速乾性がある素材としては、このポリエステル素材が一番おススメです!


生地の質感がたまらないコットン

コットンは汗をかいた時に、すぐに汗を吸収しますが、速乾性にはあまり優れておらず、汗を吸収したままとなりますので、重く感じてしまいがちです。また、コットンは色落ちや変色など洗剤や取り扱い方法によって、様々な影響を受けやすい素材です。しかし、コットンは熱を込めやすい素材なので、トレーニングを行う際は、体の熱を逃さずにパンプアップが出来るので、トレーニングの際に着用することはおススメです!


ユニフォームに多く使用されているサテン

サテンは特有の光沢があり、ドレスやハンドバックにも多く使用されていることから、吸収性は弱いと言えます。(洗濯の回数が重なると、吸収性が高くなることもあります。)また、熱を通しやすい為、冬場は生地が冷たくなりやすいことで、冬場の試合で体を温めたい時にはベンチに戻った際に、すぐにベンチコートを着用するなどの対策が必要とされるでしょう。また、洗濯の際に何かしらに引っ掛けて、生地に線が入ってしまうという恐れもあるので、洗濯する際は注意が必要です。(弊社にはサテン生地を使用した商品はございません)


いかがでしたでしょうか。
素材を知ることで、速乾性に優れているかの判断も取りやすくなったのではないでしょうか。また、上記のように使用する場面や時期によって、着用するウェアを変えてみることもおススメ致します。
弊社ウェアでは、速乾性に優れているポリエステル素材を主に使用しております。この機会に、是非ご検討くださいませ。


↓商品一覧からチェック↓
一覧に戻る

商品一覧

  • ONLINE FITTING 自分で着るとどんな感じなんだろう? オンライン試着対応
  • 初めてご利用の方へ BEGINNER'S
  • 配送・納期 DELIVERY
  • よくあるご質問 FAQ
  • サイズサンプル SIZE SAMPLE
  • 大会協賛 SPONSORSHIP
  • お客様の声 USERSVOICE
  • ブログ BLOG
  • 広告掲載情報 MEDIA
  • カタログとFAX DOWNLOADS
  • CHIBA JETS バイオレーラは千葉ジェッツふなばしを応援しています!
  • TOCHIGI BREX バイオレーラはリンク栃木ブレックスを応援しています
  • KAGOSHIMA REBNIZE バイオレーラは、鹿児島レブナイズを応援しています!
  • IBARAKI ROBOTS バイオレーラはサイバーダイン茨城ロボッツを応援しています
  • オフィシャルサポート選手 OFFCIAL SUPPORT PLAYERS
  • CRYSTAREA 1DAY バスケ大会! クリスタリア
PAGE TOP