バスケユニフォームのオーダーならVAYoreLA

デザインでこだわるバスケウェア

バスケウェアのプリント方法にはいくつか種類があります。
現在日本国内で流通しているバスケウェアの多くが、圧着プリント、シルクプリント、昇華プリントのどれかで作成されたウェアだと思います。
大きく言えば、圧着プリントやシルクプリントは生地の上からプリントする方法、昇華プリントは白い生地全体に染み込ませるようにプリントする方法になります。
昇華プリントは本体デザイン、本体カラーも昇華プリントで表現しますので、圧着プリントやシルクプリントとは違い多彩なデザインのウェアを作成することが可能です。
そこで今回は昇華プリント商品にスポットを当ててみたいと思います。


昇華プリントリバーシブルで他チームと差をつけよう


昇華プリントリバーシブルを着用している女性

昇華プリントリバーシブルは本体デザインを昇華プリントで表現しますので、圧着プリントとは違い本体にラインや柄などを入れることが出来ます。
また、昇華プリントなので版を作成する必要が無いので、番号書体のご選択や、個人名プリントを入れることも可能で、カラーもネオンカラーを使用できて、選択の幅が広いので他のチームとまったく同じになる確率も低いので、他のチームと差別化したリバーシブルウェアの作成が可能です。


ウォームアップスウェアで秋冬の試合前のアップで差をつけよう

ウォームアップスを着用している男性

VAYoreLAのウォームアップスウェアも昇華プリントで作成していますので、ゲームウェアと同じカラーや同じようなデザインで作成することが可能です。
ウォームアップスウェアをチームで揃えて秋冬の試合前のアップで着用すればそれだけで強豪チームのような出で立ちになることが出来ます。
バスケットシューズを履いたまま着たり、脱いだりすることが出来るよう裾にボタンがついているので、試合中ベンチで出番を待っている時でも着ることが出来ます。


寒い冬の移動着にはフル昇華ウィンドブレーカーで差をつけよう

フル昇華ウィンドブレーカーを着用している男性

フル昇華ウィンドブレーカーは裏地に起毛素材を選ぶことが出来ますので、寒い冬の移動着やアップなどで大活躍すると思います。
ウィンドブレーカーの本体デザインやカラーは意外と他のチームと同じようなカラーやデザインになってしまいがちですが選択肢が多いので、様々なデザインで独自色を出すことが可能です。(圧着プリントやシルクプリントは選択肢も少ない為)
また、パンツ裾にはファスナーもついていますので、バスケットシューズを履いたまま着たり、脱いだりすることが可能です。


私自身がバスケするときは、対戦チームや他のチームと全く同じデザイン、カラーのウェアは作成したくない、着たくないと思うタイプです。
オリジナリティあるウェアをお探しの場合は昇華プリントに注目してみると選択肢やカラーパレットも多く組み合わせ次第では、どんなチームとも被らないチームオリジナルのウェアを作成することも可能だと思います。



↓商品一覧からチェック↓

一覧に戻る

商品一覧

  • ONLINE FITTING 自分で着るとどんな感じなんだろう? オンライン試着対応
  • 配送・納期 DELIVERY
  • よくあるご質問 FAQ
  • サイズサンプル SIZE SAMPLE
  • 大会協賛 SPONSORSHIP
  • お客様の声 USERSVOICE
  • ブログ BLOG
  • 広告掲載情報 MEDIA
  • カタログとFAX DOWNLOADS
  • CHIBA JETS バイオレーラは千葉ジェッツを応援します!
  • TOCHIGI BREX バイオレーラはリンク栃木ブレックスを応援しています
  • KAGOSHIMA REBNIZE バイオレーラは、鹿児島レブナイズを応援しています!
  • IBARAKI ROBOTS バイオレーラはサイバーダイン茨城ロボッツを応援しています
  • オフィシャルサポート選手 OFFCIAL SUPPORT PLAYERS
  • CRYSTAREA 1DAY バスケ大会! クリスタリア
PAGE TOP